フコイダンとは?

ホンダワラなどの褐色海藻類に含まれているフコイダンは、1913年にスウェ―デンのUppsala大学のKylin. H. Z教授によって、昆布のヌルヌル成分の一つとして発見されました。発見当初は「フコイディン」と呼ばれていましたが、その後国際糖質命名規約によって、「フコイダン」と改称されました。フコイダンは、褐色海藻類のコンブやワカメ(メカブ)、モズク等のヌルヌルした成分の中にのみ含まれている、水溶性の植物繊維です。化学的には、「硫酸化フコース」という糖を主体とした高分子多糖類です。フコイダンと言うのは特定の化学物質の名称ではなく、硫酸化フコースを多く含む高分子多糖類全体の名称です。


研究

多糖類のフコイダンについては、その機能と構造に関する研究が継続的に進められています。*
















  
×
フコイダンに関してもっと詳しい資料を
お送り致しましょうか?
今なら無料 で『良く分かる海の雫フコイダン読本セット』に加え
立川医師によるインタビューCDも差し上げております。下記の無料資料
申し込み欄に必要事項をご記入の上、ご返信下さい。
郵送で『良く分かる海の雫フコイダン読本セット』とCDをお送りします。